2020年4月LOBO調査 景気悪化の中、採用継続企業も!

早期景気観測(LOBO)調査とは

LOBO調査とは、全国各地の商工会議所が毎月実施する早期景気観測調査です。
全国2600企業を対象にした、業況/売上/従業員の状況等の他、経営上の問題についてのアンケート調査です。

2020年4月調査結果

景気動向

全産業合計の業況DIは、▲60.4(前月比▲11.4ポイント)と大幅に悪化しました。リーマ ンショックの影響が残る2010年1月(▲62.3)以来、10年 3カ月ぶりの▲60台となりました。

採用活動動向

「新型コロナウィルスの経営への影響」として人材採用に関するアンケートも実施されました。その結果、採用の縮小・見送りを実施した企業は26.3%、人員整理の検討・実施企業は4.3%でした。

採用を縮小・見送る企業は26.3%とそれほど多くない印象です。

採用・派遣労働者の 人数を縮小・見送る26.3%
従業員の休業を 実施28.4%
従業員の人員整理 を検討・実施4.3%



転職希望者はどうすべきか?

採用を継続している企業の方が割合としては多いので、まだまだ転職のチャンスはあります。

コロナの影響を受ける中でも採用を継続できる企業は、コロナの影響を受けにくいとも言えるので、積極的に活動しましょう。

参考

業況DIは、2カ月連続で大幅悪化。先行きも新型コロナウイルスにより厳しい見通し

https://cci-lobo.jcci.or.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です