大学生活に対する新型コロナウイルスの影響

 ほとんどの人が新型コロナウイルスの影響を何かしらの形で受けている。本稿では、大学生のキャンパスライフへの影響をまとめていく。なお、体験談をベースにする。

人との交流

 キャンパスへの入構が制限、あるいは禁止されていることが多い。キャンパスライフにおいて、他者との交流が重要であることは言うまでもない。2・3・4回生であれば、同学年の生徒とはすでに交流をもっているため、大きな影響は無いようである。

 しかし、本年度入学生は、入学式も中止になり、最初からオンライン授業であったがために、同学年の生徒とは、直接顔を合わせたことがない場合がほとんどである。右も左もわからないまま始まった大学生活に、共に臨む仲間と直接会うことが出来ないことに起因する不安が推察される。

授業

 オンラインで開催されることがほとんどとなった。これに伴い、その正の側面と負の側面の両方が挙げられている。

正の側面

 大学から遠いところに住んでいる学生にとっては、通学時間及び通学のストレスがなくなったという利点がある。また、自宅というリラックスすることができる空間で、授業を受けることができるというのも利点の1つである。

 授業の録画が実施されている場合も多く、講義中に聞き逃してしまった事項も、後で聞き直すことができる。

負の側面

 講義形式の授業であれば、学生にとっては、そこまで大きなデメリットは無いようである。しかし、実験を行う授業では、もちろん実験ができないため、昨年度まで、到達目標として掲げていたものを変更せざるを得なくなった。録画された実験の映像を見た上でのレポート課題の提出を求めるというのが代替案の1つである。  

 また、テーマによっては自宅で進めることができない卒業研究もある。幸い、現在は先行研究を読むなど、知識を獲得するための時期とすることができるため、全く研究が進まないということはないが、例えば冬期のように卒研生としての生活が終盤になると、これは非常に深刻なことになるだろう。

 大学生活は、非常に有益である。コロナショックにおける大学生活をより有意義なものとしていくには、制限された大学生活の中で、できることを実践していくことが重要であると思う。先に述べたように、講義形式の授業、あるいは先行研究を読む、ということはオンラインでも十分に可能であるから、今期はこれらに注力していくと良いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です