現役フリーランスが教えるリモートワークでモチベーションを保つ方法

新型コロナ、なかなかやばいですよね。なかなかしんどい。
とはいえフリーランス経験が長いおかげか、リモートが中心となってもモチベーション自体はそれほど変わってないなという実感はあります。

最近リモートワークが増えてきているということで、会社員の知人から「リモートでモチベーションを保つ方法」について質問がありました。急な変化に戸惑っている方も多いのではということで、記事を書いてみることにしました!

リモートでモチベーションを保つ方法

個人的な習慣ではありますが、下記あたりを気をつけると良いのかなと思います!

  • 強制的に休憩を取るようにする
  • 集中のスイッチを用意する

強制的に休憩を取るようにする

まず非常に重要なのが、「休憩」です。休憩を強制的に取るなんて、駄目な奴だと思われるかもしれません。が、実はそうじゃないんです。むしろ結果を出すために一番重要なのが「休憩」です。

「休憩」は普段のそこまで意識したことがないという方も多いかもしれません。が、「オフィスへの通勤」によって、「同僚とのちょっとしたやりとり」などを普段無意識のうちにしています。これにより小休憩になっていたりします。リモートワークだとこれが一気になくなります。
「変化がない方が集中できるよ」って人もいるでしょう。ですが、毎日それができますか?
1カ月以上無理なく続けることができますでしょうか?意外と、1月続くとダレるものです。気づかないうちにだんだんパフォーマンスが落ちてしまいます。なので休憩は重要なのです。

休憩で気を付けること

「休憩」について、個人的には下記などを主に気をつけています。

  • 1~2時間おきに必ず休憩する(仕事よりも休憩を強制!)
  • 極力ベッドでは仕事をしない
  • 作業机で食事はしない

もし可能なら仕事スペースを作り、そこでしか仕事をしないのが良いです。高いアウトプットよりもアベレージが重要で、いかにダレないかを気をつけましょう。本来外出が可能ならスポーツスクールとかお勧めだったりするのですが(このような理由で通常時はテニススクールに通っていたりします。今はもちろん休業しているらしいです….)。

仕事は普段通り行えば良いので、「休憩を意図的に取る」ということだけ心がけてみましょう。

集中のスイッチを用意する

次に必要なのが集中のスイッチです。「通勤」している際は、会社のデスクに座るというのが実はスイッチになっているケースが多いです。もちろんできてないときもあるかもしれませんが、ここで重要なのはアベレージなのでそれなりの打率であれば十分です。

会社のデスクって意外とそういうマインドセットになるため、無意識のうちに安定した仕事のアウトプットができるようにいい意味で心理的な刷り込みが行われています。ですが、リモートワークだとこのスイッチが自宅から自宅なのでなかなか切り替わりません。

個人的には現在徒歩圏内にオフィスを借りている(一人で使っているので感染リスクは低い)ので特に問題なく集中できるのですが、自宅中心の時は大変だったなということで、以下に工夫していた内容をまとめてみます。

集中のスイッチの例

  • クラシックなどのBGMを流す
  • 無糖のカフェオレを飲む
  • 一日の最初の30分用の簡単な仕事を必ず用意しておく

集中は導入時が一番きついです。反対に一度集中モードに入ってしまえば意外と楽しくなってくるものです。

BGMをクラシックにしたのは歌詞がないからです。歌詞があると集中が乱れるときがある印象です。また、無糖のカフェオレとしたのは、レッドブルやモンスターエンジンなどだと体調不良になるし、コーヒーそのままだとちょっと気持ち悪くなるためです。また、牛乳だとカルシウムも摂取できます。

また、一日の最初は必ず気分を乗せないと一日持ちません。なので、「よっしゃ今日も順調!」みたいに気分を乗せるのが良いです。最初から難しいことから取り掛かるとできないって焦る場合もあるので、この点は注意です。

まとめ

とにかくリモートだからといって効率性を考え過ぎず、「安定したアウトプット」を心がければ十分だと思います!
充実したSTAY HOMEライフに役立てていただけたら幸いです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です